voyagegroup1dayインターン

 久しぶりの投稿ですtaya(intel)です。今回はVoyageGroup1dayインターンに参加したことについて書いていきたいと思います。

 

目次

 

参加した理由

 Twitterかサポーターズからか何かで今回のイベントを知り、面白そうなので日程も気にせずに申し込んだ記憶があります。初めに応募した時(多分3月ぐらい)は、Golangを全く触ったことがないような状態でしたけど、丁度申し込み終わった頃からアルバイトの業務でGolangを触るようになり、これはGolangを書けるようになる必要があるなと思い始めました。そんなこんなで参加するようになりました。。。今回は応募が多数やったらしくて、事前に色々聞かれて多分抽選で参加が決定しました!!!

 

今回のイベント内容 

▼タイムスケジュール

11:00 - 11:10 今日の概要アナウンス

11:10 - 11:20 アイスブレイク

11:20 - 12:20 チュートリアル(Git, Github, 今日触るアプリ)


12:30 - 13:15 休憩


13:15 - 14:10 Mission1(一人で)
14:10 - 15:30 Mission2(一人で)


15:30 - 18:00 Mission3(チームで開発)


15:40 - 15:45 チーム発表、席移動


15:45 - 16:00 前半開発 - やること決め


16:00 - 16:40 とりあえずやってみる

16:40 - 16:50 前半振り返り / 後半やること


16:50 - 18:10 後半開発


18:10 - 18:25 発表

18:25 - 18:50 振り返り & サポータ講評
 18:50 - 19:10 番宣タイム

19:30 - 21:30 懇親会


 

インターンテーマ

・Git, Githubによるソース管理と開発フロー

・Go言語

・チーム開発

 

午前

 基本的なGit, Githubの使い方や、issueやbranchを切って基本的作業を行う方法などを講義形式で受けました。それから、APIServerについて説明を受けました。その後は既存のアプリケーションに追加機能を実装するということをハンズオン形式で行いました。正直与えられた時間はごく僅かでしたので、いかに短い時間で既存のアプリケーションのソースコードを読んで、どのような風に実装されているかを把握できるかが鍵になっていたのではないかと思います。

 

午後

 午前中は時間内に発展まで全て実装することはできたのですが、午後のMission形式になった瞬間、急激に難易度が上がりましたね。。全然時間内に実装できずに、答え発表が行われてめちゃめちゃスピード感が、、、、Golangを触ったことがある身でも中々間に合わなかったので、結構Golangを触ったことがなく、機械学習を専門にしている人やフロントを専門にしている人が参加者には多かったのでハードワークだったと思います。

 Mission形式のハンズオンが全て終了してからは、チーム開発です!!!!!僕らのチームのメンバーはこんな感じでB3が二人, M1が二人という感じです。

f:id:taya-intel:20190519232417p:plain

 まずはチームでアイディア出しをしようとしたのですが、下ネタ的な話になってしまって、そこから『禁止ワード置き換えサービス』というアイディアがでました。多分、どこのチームよりも素早く開発に入ることができたと思います。開発をするときにやってしまったこととして、自己紹介をしなかったことです。自己紹介をしないことによって、誰がどのレイヤーが得意かを知らないまま適当にタスクの切り分けを行いました。正直、Git周りでもコンフリクトなどを起こさずに、スムーズに作業をすることができました(短い時間で小規模なアプリケーションを構築するということでしたので、4人を2チームに分けることによるペアプロ方式にしたのが、結果としてはコンフリクトを起こさないことに繋がったのでよかったと思います。)

作成物

 

f:id:taya-intel:20190519185143p:plain

 少しわかりにくいので説明すると、 「アホバカ死ね」という文章にSNSで呟くと炎上するような非人道的な単語が含まれていないかについて調べます。もし、非人道的な単語が含まれていると、それが全て『x』という文字に置き換えて禁止ワード置き換えBotが変換して返してくれます。他にも「クソ野郎」という単語でしたら、『xx野郎』というように置き換えられるということです。

良かった点(Keep)

  • コミュニケーションがしっかり取れていた
  • 2時間半弱で実際に企画出しから実装まで行なって動くものを作ることができたこと(Missionで作成したものをベースに実装)
  • 2人1組みの2チームに分かれてペアプロ形式で開発

よくなかった点(Problem)

  • 自己紹介をしていない 
  • フロント周りの修正を全然できなかったこと
  • NGワードの収集をするのに、うまくスクレイピングを活用できなかったこと
  • DBの活用

色々あるのですが、アイディア出しから実装をするまでの時間が全然ないということで自己紹介をすっ飛ばしてしまったのが、あまり良くなかったのかなと反省です。。。(チーム開発をするときには、絶対に自己紹介はしましょう💪)

今回は参加者18名とかの中に何名か知り合いがいて、同じ学科出身のM1の先輩がいたり、同じ学科の子がいたりと結構知り合いが多かった気がして、色々面白かったですwww

短めですが、今回はこの辺で終わります。

NAISTのlab見に行った話

 先ほど友達とNAISTのLabを色々見てきたので、思ったこと感想等々を書いていこうと思います。

 

 

目次 

 

NAISTとは

 NAISTとは奈良先端科学技術大学院大学の略で、学部を置かない大学院大学として、"最先端の研究を推進するとともに、その結果に基づく高度な教育に人材を育成し、科学技術の進歩と社会の発展に寄与"を目的としています。情報科学領域・バイオサイエンス領域・物質創成科学領域の3つの領域に別れていて、もちろん僕は情報科学領域の説明を色々聞きました。

 

今回のOCに参加した理由

 知った経緯は、友達に教えてもらったからです。

 大学のその後の自分のキャリア的に、就職するのか、大学院に進学するのかをまだ決めれていないので、実際に現在通っている大学以外の大学院ではどのようなことを学び、どのような教育体制というのも知りたいと思ったので参加しました。また、教授や大学院生と話している中で、新しい発見が欲しいと思ったのもあります。

 

OC形式

11:00~11:30 

 大学や入試についての説明

11:30~12:00

 各研究室、教授(or准教)による1分間LT

10:00~16:00

 自由(パネル展示or研究室訪問etc)

 

研究室

コンピューティング・アーキテクチャ

ディペンダブルシステム学

ユビキタスコンピューティングシステム

モバイルコンピューティングソフトウェア工学
ソフトウェア設計学

サイバーレジリエンス構成学

情報セキュリティ工学

情報基盤システム学

自然言語処理

知能コミュニケーション

ネットワークシステム学

インタラクティブメディア設計学

光メディアインターフェイス

サイバネティクス・リアリティ工学

環境知能学

ソーシャル・コンピューティング

ロボティクス

知能システム制御

大規模システム管理

数理情報学

生体医用画像

情報システムズ生物学

ロボットビジョン

コミュニケーション学

計算神経科

ヒューマンウェア工学

シンビオティックシステム

多言語ナレッジコンピューティング

次世代モバイル通信

光センシング

生体分子情報学

デジタルヒューマン学

放射線機器学

セキュアソフトウェアシステム

ネットワーク統合運用

超高信頼ソフトウェアシステム検証学

 

 以上に挙げたように(新設研究室略)、40以上の研究室があります。LTで自分が興味ある分野や訪問してみたい研究室をピックアップしておき、その研究室は絶対に訪問できるようにして、時間の許す限り訪問をして、おしゃべりなどもさせていただきました。

 

行きたいと思った研究室

 進学したいと思った研究室は二つあります。

 

①情報セキュリティ学研究室

 -研究室自体が非常に明るく、教授がノリのいい方

 -最近Webアプリケーションを作る上で、セキュリティを学ぶことが多く、セキュリティに関しての研究をしている(ただし、レイヤーとしては非常に低い所の研究)
 -低レイヤーの研究を行う上での機器が非常に揃っている

②情報基盤システム学研究室

 -僕の好きなネットワークの研究が豊富

 -セキュリティに関しての研究をやっている

 -海外論文発表が行いやすい

 -セキュリティキャンプハッカソン、チューニンガソンetcに参加させる(任意)

 -起業家育成のプログラム

 -研究室の取り組み(勉強会、イベント)

 -研究室が明るい

 

 以上のような理由で、以上の二つの研究室に進学したいと思いました。(まだ先の話なので、わかりませんが)

 

感想

 実際に研究室を訪問して、研究室独自の特色や雰囲気、そもそも大学院自体の環境を知ることは非常に重要なことであるな〜と思いました。。。(もちろんだけど、資料やネットの情報などのデータだけで見るのでは全然違いました。。。)

 

 まだ大学の研究室配属もまだで、大学院で具体的にどんなことを研究しているのかを知らないまま、大学院進学という選択肢を消去してたので、dangerdanger状態でした。

 

 改めて、情報を持つということは選択肢を増やすことにも繋がり、自分の可能性を広げることにも繋がるので、情報をキャッチアップしていくことは重要だな〜と感じた。教えてくれた友達に感謝です()。

 

 とりあえず、今はアドバイスを参考に大学生活の続きを本気でしようと思います。

 

supporterzさん主催の[21卒向けエンジニアセミナー]に参加した話

 なぜこの記事を書こうと思ったか。

 今までは自分のアウトプットとして記事を書いていたが、ごく少数の知人にしかオープンしていなかった。少数にしかオープンにしないのはメリットが少ないと思ったからもっと発信していこうと考えたからです。MeとOtherの両者にとってメリットがあります(Meのメリットは凄まじい量あるが、非常に長くなるので割愛)

 

 それでは本題に入ります

 

目次

 

 サポーターズとは

 簡単に言うと交通費が支給してくれて、人気IT企業と繋げてくれる会社です。簡単に言うと、我々学生からするとメリットの塊を どんっっ!!! と提供してくれるような会社です。詳しくはリンクを貼っとくので見てください https://supporterz.jp 

 

 

今回のイベントに参加した理由

 このイベント自体は京都で大学生をやっている友に教えていただきました。

 このイベントの参加企業を見た瞬間、間違いなく技術的な話をでき、最新の情報をキャッチアップできると心が踊り参加しました。また、前々からずっとお話をさせていただきたい会社も数社参加するということで東京まで飛んでいきました。

 

 

今回のイベント内容

 ▼参加企業一覧(敬称略)

 ウォンテッドリークックパッドサイバーエージェントディー・エヌ・エー

 VOYAGE GROUP、ピクシブ、メルカリ

 

 ▼タイムスケジュール

 13:00~13:10 ガイダンス

  当日の動き方やタイムスケジュールなどの説明

 13:10~13:50 企業プレゼンテーション

  参加企業全社参加のプレゼンレーション

  最新情報やインターンシップ情報などを各社5分で発表

 13:50~14:15 参加企業からのメッセージ

 14:30~17:45 座談会

  各企業ブースでエンジニアの方やエンジニア採用担当者の方々と交流。

 18:15~19:15 懇親会

 

 

各会社から全体へのメッセージ

・色々な会社に会う中で、本当にこの人だと思える人に出会うことができる

・小手先の技術だけを習得するのではなく、変わらない技術を習得するのが良い

・情報を取りに行く力
→ただ抽象的すぎる質問をしても自分が欲しい質問の核をついた解答が返って来にくい。自分が何を大事にしたいか、具体的なことを聞いていく
・ファーストキャリアがめちゃくちゃ大事(比喩:体温計の初速度)
 
・今は自分の好きな技術を没頭するのが良い
・技術力を上げる上でのポイント→自分ができることのちょっと上のことをやる
・フィードバックをもらうことで学習効率は上がる
・どういうところに自分がときめくということを見つけるのが大事
 
 

ブースで行なった質問

 質問を行う前提として、自分が働きたいような企業は
 ・新卒でも、ファーストペンギンとして最新の技術に取っつきにいきやすいような環境
 ・常に誰のために技術を活用しているのかを念頭に置いている企業
 
である。(2018/2/11時点での考え方)
 その上で、「御社のただの強みではなく、”1番の強みは何か”」を聞きました。その質問を発展させることで、自分の働きたい企業であるかどうかの質問までダイレクトではなく、ほんわりと聞くことができました。
 
 

感想

 今回のイベントに参加したことによるメリットは単純に"知る""知ってもらう"の2点であると考えています。
 
 "知る"
 自分と同世代の人と自分との力の差のギャップ。卒業が2つ上の人との知識量。ググっても出てこない部分の企業の情報。最新の技術動向の情報。情報の集め方。
 
 "知ってもらう"
 企業の方に私のことを知っていただく。同世代のエンジニアに知っていただく。
 
今思いつくのをざっと挙げただけでも、様々な"知る""知ってもらう"が行き来したイベントだと思っています。情報を知ることの重要さを改めて実感しました。これからも常にアンテナを貼り続けて、最新の情報をキャッチアップしていきたい。
 
 
是非次回のサポーターズさん主催のイベントに参加してみたいと思います。